一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


衣服には「ふだん着るという意識のもの」と「晴れがましい場所に来てゆくという意識のもの」と「お家で過ごすためのもの」があると思うのです。
洋服、着物関係なく。

そんな今日、「着物」を着るようになっていつから少し簡単で余裕があるようになったのか?
そう聞かれて、答えながら気がつくことがありました。
いつからと聞かれたのは初めてだけどレンタルに来られた方によく聞かれる言葉。

着物を着ることは簡単ですか?
普段着として着れますか?
お家でも着れますか?

この3つ。

答えとしては(エミコ基準で申し訳ありませんが)
昔より随分簡単に着ています、捉え方は個人差です。
普段着として着る方が多いです・・結婚式もパーティも飲み会もそんなに呼ばれません。
お家でも着れますが、私は着たいと思っていません。

真ん中さみしいですね。

もう少し詳しく書きますが。
最初の簡単という要素から。

(今回の七緒の雑誌Pから)
これこれ。
筒袖襦袢を使うようになってから本当に着物が身近になり楽になりました。
毎回何をしなくても好みになる衿元。
紐の置き方とか結び方は雑誌とは違います。
筒袖の時の胸紐はしたりしなかったり・・綿サラシ生地ですから一回置くとずれにくいです。
でも、伊達締めは必ず必須です。
だってエミコは着物を着るのにとーてーもー不適合な凹凸体型です。
伊達締めが少しサラシの代わりもしています。
上がこれで下に履いているのは基本「pipe」。
もちろんステテコも良いのですが歩いている時とトイレに行った時にpipeで良かったとしみじみ思います。
太ももに汗が溜まるタイプはゆるめのレギンス履いてからのpipeがオススメです。
この筒袖襦袢はヤフーでも楽天でも「筒袖、襦袢」で検索すれば出てきます。
お値段も色々。
ただ、掛襟が付いているかいないかで届いてすぐに着れるか否かに分かれます。
でも必ず最初に聞かれるのは「着物中身これでいいんですか??」です。
ルールが染み付いている世界ですが「これで良いのです」と声を上げて行きたい。
そうすれば・・お教室だってもっと回数少なくてすみます。
もういっそのことスタートのエミコのように習うことなく本見ながらエイって着ちゃえって人が増えてくるかもしれないもの。


さてお次の二つは同時の詳細。
エミコにとって「着物」の用途のメインは普段着なのですが、ちょっぴりおめかししたいなと思う時に着ることが多いなと思います。
コンビニとかに行くような普段着があって、カフェに行く時のような普段着があって、友達と会う時の普段着があって、それは結構友達によってこっちかなと思うこともあって。
なので一番普段着、ちょっとおめかし普段着、ハレ着。
エミコ衣服の分類はコレです。
おめかし普段着とハレ着に着物率が50%位(そこはもうちょい%あげて言えばいいのにね)になります。
着物で行くと喜ばれるだろうなと思う場所にはできる限り着物で行きます。
喜んでもらえることが嬉しいのと自分が着ることの楽しさと褒められ率の高さと。
この辺りは自分満足度の高さかな?
あ、お家ではゴロゴロしたいしニャンコもいるしトレーナーなど正直楽なもの中心に着ていますです。
エミコはぎゅっと紐締め続けてると蕁麻疹できちゃうのです。
作業にも向きません、というかただ綺麗に着たいんだと思います。
お正月にお家で着物はやりますよ、初詣行く前提だけど。

今もこの作業中は猫が飛んでくるからお洋服(ムーミンのトレーナー)です。



でも、最初は「本当にこの着付けで良いの??」という不安で【出かけるハードル】が高すぎてずっとずっと衿元とか気にしていました。
触り続けるから余計に崩れるという悪いループに陥るなんてわからないし本当に大丈夫と誰も言ってくれない。
着付けの自己流で余計に「正解」がわからない。
そう、「正解」を求めていたんだと思います。
今は着付けの先生だから?余裕??というより手順に迷いがなくなったから随分簡単になりました。
習うより慣れろの気持ちがわかる瞬間です。
慣れるための自分の納得が必要ですが着付けってこの手順が「正解」ですということがありません。
その人それぞれの独自で大丈夫だったりするわけです。

確かに着物って洋服よりハードルが高い。
衣服としてのハードルよりも「正解」のハードルが高い。
自分の中で一番こだわる点がにもよりますが、ここが一番のぶつかる点なのかも。


そうそう、着物あるあるで「今日は何かあるんですか?」と聞かれることの多さ。
ある日から「好きで着てるんですよ、ふふふ」と笑いながら返せるようになりました
みんな興味があったり会話の糸口だったりで話しかけてくれています。
後ろで「かわいい」とつぶやかれたらちゃっかり振り向きます。
実際とてもお店の方にも覚えて貰えちゃう。
自分で着たんですよ〜なんて自慢しちゃえる。


ほら、『ふだんごと』の世界はこんなにも自由なんです。

着物だけど、中身は簡単。

着物だけど、着るものは洗えちゃう。

ルールは季節感。





これからもこんな風にエミコ基準だけどねの『ふだんごと(普段着物)』を時々話して行きたいと思います。


筒袖試してみませんか?
『ふだんごと』のお試し教室をやりたいなあ。
前から書いているけどね。

もちろん『ハレゴト』のことだってお話ししたいですよ。
 

  • 2016.04.28 Thursday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 1月の【ほぼ日着物】生活とお知らせ。
    ふじちゃん
  • 放課後キモノ倶楽部の取扱説明書
    牡丹
  • 【お願い】本日満点ママ放映ありがとうございました。
    タリル
  • 今年のナナツマツリ少し変更があります
    福永和美
  • 今年の夏もナナツマツリで会いましょう
    エミコ
  • 今年の夏もナナツマツリで会いましょう
    タリル
  • 4月のイベント情報!!
    エミコ
  • 4月のイベント情報!!
    タリル
  • 1221 KIMONO BOOGIE WOOGIE!!
    タリル
  • admire sharing lesson モリタマミ*カラーコンサル 追加情報!
    板羽エミコ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM